上海*MD日誌

2005年9月よりデザイナーからMDへ。環境、心の変化を含め記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本休暇明け(帰国後)の週

連休終了の第3週
お疲れです。
でも進行はしているので記録です。

まずSA1981
箔プリントがひどい出来でやり直しのスワッチを手配
時間が無いので再スワッチをスキャン確認でサンプルに乗せることに
更に薄めやり直しのスワッチ手配をしました。

そして金曜
別素材の在庫状況の問い合わせ
糸の名前メーカーからエージェントを調べ
HKに問い合わせの電話をかけるも
私とHK人の中国語では
会話にならず
とりあえずメールにて連絡することに。

見かねたRoseがHKへ連絡
しゃべってる。
中国語で会話が成り立ってるよ。
英語もできない中途半端な立場を思い知ると同時に
中国語電話会話レベルの必要性を特に感じたのであります。

                    *

さて 質問事項は
イタリア糸なのでエージェントに確認です

1. RWのHK在庫
2. 値段、RWとDYED共に、FOB香港で
3. すぐに出せる色糸の数とカラーブックの手配


1. 3700kg
2. RW 4.5USD/KG FOB HK DYED 7.2USD/KG FOB HK
3. 5色、2色送ってもらうように手配

電話の後、改めて電話の内容をメールに書いてメーカーへ。
ROSE 完璧です。
そのあとそのメールも日本事務所へCCしたそうですから、
それを次にやるのはあたし、あたしなのよね・・・


ちなみにHKストックサービスといっても
ROSEの話によると染め工場はこっちで手配、らしいっす。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/16(日) 15:59:48|
  2. まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

国慶節明け

10月1日から一週間はある大型連休のはずが
会社のお休みは
10/1-10/3(土日月)一回目
10/8-10/10(土日月)二回目
中四日出勤とありえないスケジュール。
日本が休みでも工場は動いているし
中国が休みでも工場は動いている
つまり私達は休める立場じゃないってことですか?

                 
                    *

しばらく日誌休んでましたが
少しずつ進行してるのでとりあえずまとめましょう。
SA1981 3/50 LINEN VISCOSE COTTON 128RMB/kg

参考サンプル バルバラブイ 3型展開
工場 76
糸 平行ビーカー 4色各3k糸染め+生成り 計15KG オーダー
先2kgのサンプル糸 本日工場へ入る
指示書、実物大、付属 明日着(ボタンオスカン一個紛失日本付け)

【ここまでにあった変更】
10KG の糸オーダー 2サンプル糸4、4(2色染め)
            ↓
15KGオーダーに変更 2サンプル糸3,3,3,3,3(4色+生成り)

工場 88→76  糸発送も先急遽変更

MDオーダー 88以外はオーダーを開く 2KGと15KGの発送先変更

ビーカー上がり 10/10  糸あがり10/15予定

今のところはこのような感じ
で、私はハンドキャリーで10月6日夜東京ー10月11日上海に戻る

思わぬ休暇を日本で取ることになりました。

  1. 2005/10/04(火) 23:27:41|
  2. まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6日目

午前の会議で配置換え報告があった後
なぜか突然空虚感にかられ
やっとこさといった感じで退社しました。

                      *

今日の学びはMDオーダー。
工場の糸量、オーダー契約書は
ガーメントシステムによって
管理されています。
コンピューターの本部は寧波にあって
上海と広東省とをネットワークでつないでいます。
(と、この表現はあっているのかな?)

例えば製品毎に契約書(コントラクト)があって
契約書番号を入れ検索をかけると
製品につかった糸、メーカー、注文明細やどのような経緯で倉庫に入ったかが全部明記されていて
それを上記3地点のどのコンピューターから見ても
情報が見れるように管理されているのですが
そのデーター入力をMDオーダーと呼んでいて
その入力の仕方を学んだのでした。

                     *

慣れるとそうでもないんだろうけれど
ちょっとした注意が必要です。
一番最初の選択は支払い単位
MAINLAND かOVERSEAでつまり中国元なのかHKドルなのかですが
この時点でなんか貿易してるなぁと感じる素人な自分。
あとはいろいろと
台湾糸ならポンド(LB)計算だとか
イタリアのサンプル糸はHKを通して送られてくるとか
船便と航空便とか
入力ミスった上に自分が出張でいない時など
どう処理するのか誰も分からず放置されて
納期に影響するとか
そんな感じで
早速試しに入力してみてと実務

結構疲れました。



  1. 2005/09/26(月) 20:35:56|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日目

「今日は3連休なんだね。」
RAMMYに確認されて
-は、はい。
とっさに答えたけれど
日本の暦が頭からすっかり抜けている

昨夜家で読み込んだOUTLOOKの新メールが
削除され会社では読めなくなっていた。
どうやら家のパソコンは設定を間違えているみたい


                    *

Regarding the request

Please advise your idea schedule,please note both 2/50 and 2/60 Dream raw white stock yarn available.However,these 3 styles are very complicated so the production lead time will take a little longer.

In order to keep end-Nov delivery,we must receive order breakdown by next Tuesday latest and we can arrange China dye in Lineapiudyeing mill.
Please ask customer to select color from color card so no need for beaker approval.

Hopefully,we can got bulk yarn by 15-Oct~20-Oct so please confirm bulk comment on/before 15-Oct,do you think it is workable?

Regarding the "crystal"using on the garment,please confirm Japan office can arrange for us or we have to search in Shanghai/HKG,while I can sure that we can find similar but the quality is far away from original.Please note accessories must be arrive factory by 10-Nov as it take long time for attaching the crystal.

Please kindly advise your comment by return.


さて、その消え去った昨日のメールの返事がこれ。

今日の営業ポイント:
*** オーダーを受ける前に必要な確認事項 ***
1.スケジュールを聞く
2.時間がタイトならストック糸から選んでもらう様聞く。
 (今回の様に国慶節など祝日をはさんだりする場合特に)
3.こちらから希望スケジュールを提示返事をもらうだけの状態に持っていく
4.付属はどこで手配するのかの確認
 工場は付属(襟、洗濯ネームを含む)が全て揃わないとスケジュールを組んでくれなくなってきている。

                  
                    *



工場との納期打ち合わせ会議
遅れに遅れもうどうしようもない状態を
ひとつひとつ片付ける様に進む
今工場はとにかく繁忙期
強いオーダーが優先に入れられる
その次にすでに遅れていてキャンセル間際のオーダー
工場も作るのを嫌がり
後回しにされている担当者は本当にかわいそう
というより
それが明日の我が身になるのだ。

夕食をとりながら
日本とのコミュニケーションは問題ないけど
工場とはどーすんのかしら。
静かにつぶやく小鴨
静かに肩をたたくROSE

恐いけどもう逃げられない
前に進むしかない。

                    *


昨日の糸オーダーはサンプル糸のみ
展示会用、本生産スケジュールをチェック
心配なところは明日メールを入れる
ガーメントシステムの入れ方
自分で打てるよう
練習していかなければならない。




                       

  1. 2005/09/23(金) 23:58:35|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日目

昨日送ったスワッチの糸値を表にして
今日はなんとなくゆったりとした運び
一つ一つ日本事務所からの糸に対する質問に
こまめに糸メーカーと連絡をとる。

最終的にSA1861の糸(2/50 linen viscose cotton)は
9末の工場納品で進行
初めて担当するブランドは et vous
退社間際になってメールが
このサンプルの大体の納期スケジュール
でも最後に一言
「このスケジュールはまだ誰にも教えないでください。」
「混乱するから。」

彼は少し大げさな気がする。
大体誰にも言わず時期を逃して納期でも遅れたら
どうするつもりなのかしら?
とりあえず退社した。


                    *


所長だけでなくほかに動いてるスタッフも併せ
大量の生地スワッチが依頼されてくる
スワッチは2枚ずつにカット
成分を各シールで貼って
同時に見積もりも表にして同封
結構時間がかかる。
加えて
突然始まる会議
時間の調整が思ったようにいかない。
とりあえず作業は
さっさ取り掛からないといけないと
学びました。

                    *

突然夕方からはじまった会議は
納期遅れがあまりにもひどいので
工場と話し合う
前打ち合わせでした。
各自2週間から2ヶ月の納期遅れ、
2ヶ月も遅れてまだ納品させてくれる
顧客アパレルもすごい。

とにかく明日は工場との会議初参加。

                  
  1. 2005/09/22(木) 12:28:28|
  2. 今日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
広告を掲載するなら Net Alliance のアフィリエイトプログラム 次のページ
全プレ懸賞サイト Chance!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。